フィリピン・セブ島基本情報
フィリピンについて
フィリピン・セブ島地図 太平洋に浮かぶ7000を越える島々からなるのがフィリピン(正式名称 フィリピン共和国)。首都はメトロ・マニラです。
それぞれ個性のあふれる島々から形成され、人々は明るい太陽の下で活き活きと暮らしています。
フィリピンには大都市マニラを始め、世界的ビーチリゾート地として知られるセブ島・ボラカイ島・パラワン島など、都市生活と共に、自然が身近に溢れる魅力的な島々です。
島国特有のホスピタリティーあふれる明るい笑顔が、皆さんを優しく迎えてくれます!
また、本格的スパやマッサージ、カジノやレストランも、もちろん日本と比べて大変お手ごろな価格で体験できます。

セブについて
セブ島は南北に伸びる細長い島で、マクタン島と呼ばれるセブ市東部に位置する小さな島との総称です。セブ島とマクタン島は2つの大きな橋で繋がっています。
Cleverlearnが位置するマクタン島には、セブで唯一の国際空港や有名リゾートホテルが数多くが立ち並び、スキューバダイビング等のマリンスポーツを始め、アイランドホッピングと呼ばれる島巡りなども楽しめる、とても美しく小さな島です。
セブ島の本島には、マジェラン・クロスやサントニーニョ教会を始めとする、歴史的文化遺産が数多く存在し、また、大型ショッピングセンターのSM City モールやAYALA Center CEBUでは、一流ブランドショップをはじめ、可愛らしいローカルブランドの洋服や日用雑貨が売られています。また冷房も効いていますので楽しく快適にお買い物が楽しめます。また、上記どちらのショッピングセンターも、映画館併設となっており、3D映画は250ペソ〜(日本円で500円前後)からと、料金も日本と比べてとてもお得です。ただ映画館内は冷房が効き過ぎていて、冷えますので薄手の長袖を一枚持っていくことをお勧めします。
また、セブ島の西側に位置する世界的に有名なダイビングスポットのモアルボアルでは、映画で一躍有名になったニモ(カクレクマノミ)がシュノーケリングでも手の届くような至近距離で見れる他、セブ島南に位置するオスロブでは、見ると幸せになれると噂されるジンベエザメが迷い込んでおり(2012年12月現在)ツアーでジンベエザメを見に行くことが出来るなど、ほかにも魅力的な観光地がセブ島には沢山あります!
観光地もさることながら、やはりセブ島の大きな特徴は、なんといっても水色に美しく広がる広大な海と、美しく広がる大きな空です。週末には是非、様々な場所へ足を運んで、日本では出来ない沢山の経験をして欲しいと思います。

生活基本情報
1)言語について
フィリピンの公用語はタガログ語と英語です。
フィリピンには沢山の土地の言葉がありますが、首都のマニラでは主にタガログ語が話され、セブ島ではビサヤ語が話されています。母国語以外の第二言語として、フィリピンは世界で3番目に英語が利用されている国です。その理由は、幼稚園からの学校教育で使われる言語が全て英語!な為で、学校教育をうけた人は皆さん英語が話せます。

2)通貨・両替
単位はフィリピンペソ(P)で、補助通貨はセンタボ(C)
紙幣の単位はP1000、P500、P200、P100、P50、P20。
硬貨の単位はP10、P5、P1、25C、10C、5C。 写真が可能であれば画像をお願いいたします。
日本の主な空港でも両替できますが、空港はどこもあまりレートが良くありません。心配であれば小額を空港で両替し、後は現地のショッピングモール等で両替するのが良いでしょう。
主に空港・両替所・空港内の銀行や両替所で、USドルまたは日本円からフィリピン・ペソへの両替が可能です。日本円のおつりを用意していない両替所が主なので、留学の最終週などに、3000円などの細かい単位で両替をしたい場合には、1000円札を多めに持っていかれることをお勧めします。
また、Cleverlearnでは、月曜日に両替を兼ねたお買い物ツアー(ガイサノマクタン)があるので、そこで両替するのも良いと思います。ただ、ガイサノはレートがあまり良くないので、必要最低限をお買い物ツアーにてガイサノで両替をし、生活に慣れてきた頃にCleverlearn学生さんが良く買出しに出かける、マリーナモール等で両替するのがお勧めです。さらに付け加えると、旅行などで地方に出かける際には、両替所が無かったりクレジットカードが使えなかったりする場所が沢山ありますので、旅行に出かける際にはご注意ください。

3)気候・服装
気候
熱帯性気候で年間を通じて暖かく、年平均気温は26〜27℃。6〜11月が雨期、12〜5月が乾期と分かれています。
乾季はスコールも少なく、天気が比較的安定しています。また雨季についてですが、台風や低気圧の接近などで、ぐずついた天気が続くときもありますが、それ以外には一日中ずっと雨が降っていることは珍しく、日中は晴れていて夕方や夜にスコールがある程度のことがほとんどです。セブ島に2年間半住んでみての感想ですが、雨季だから毎日一日中雨が降っているというわけではありませんので、雨季と乾季については強く意識する程ではないと思います。

服装
服装については、年間を通じて温暖ですので、日本の夏の服装でOKです。また、日本の夏に比べると、フィリピンは過ごしやすいと感じます。ただ、日本からの飛行機内や教室内、またはショッピングセンター等、冷房が強く効いている場所も多々ありますので、半袖の上に一枚着れるような、薄手のカーディガン等をお持ち頂く事をお勧めします。また日差しが強いので、サングラスや帽子、女性の方は現地でも購入可能ですが、日焼け止めなどもあると便利です。

4)治安
セブ島の治安は、他のフィリピンの地域と比べ、世界的な観光区域ですので安定しているといえます。
外国人向けの有名リゾートホテルも数多く、外国人観光客としての安全対策を怠らなければ、危険な状況に直面することは無いでしょう。しかし、安心して油断をすると、思いがけない犯罪に巻き込まれないとは言い切れませんので、常に安全対策を意識した生活を心がけてください。
また、セブ島の治安は比較的安定しているといえ、日本人はお金を持っていると多くの人が思っています。セブ島はリゾート地ではありますが、フィリピンそのものが発展途上国である事に変わりはありませんので、必要以上に恐れる必要はありませんが、滞在中は日本と同じ感覚で暮らすのではなく、ここは外国であるという意識を常に持った行動をとってください。
下記、安全対策についてのチェック項目です、必ず頭に入れて行動ください。

1、人通りの少ない場所には立ち入らない、また行き先が近くであっても一人歩きは避ける(特に夜間)。
2、必要の無い大金は持ち歩かない、財布の中身を大きく開いて他人に見えるような状態にしない。
3、高そうに見える服装や、宝石類は身につけず、またカメラや携帯を首から下げる道端で使う等は避ける。
4、持ち歩き用のバックは、チャックのついているものを選ぶ(盗難防止のため)。
5、優しく言葉巧みに話しかけてくる人、特に日本語で話しかけてこられた場合には、むやみに信用しない。

ご注意を!トランプ詐欺と呼ばれる詐欺がセブ島内で多発しています、大型ショッピングセンター等で話しかけられた際には警戒してください。内容は、大型ショッピングセンターにて言葉巧みに話しかけ、ショッピングセンター内でランチ等を共にした後、仲良くなった所で家に誘い込み、これからトランプ賭博があるのでトランプゲームの必勝法を教えるから大儲けしようという話になり、最終的に賭博に参加することになります。初めは勝っているのですが、最後の最後で大負けして手持ちの金品を奪い取られるほか、クレジットカードで高額な商品を買わせられる・カードで限度額ギリギリまで引き落としをさせるなどです。むやみに信用してついていかなければ未然に防げる被害ですので、必ず頭に入れておいてください。

5)時差
フィリピンと日本との時差はマイナス1時間です。
フィリピン(セブ)が9時のとき、日本は10時ですので、大きな時差ボケもありません。

6)水
フィリピンの水道水は、飲用水として適していませんので、飲めないものと認識していただいて構いません。高級ホテル等では、飲めるところもあるようですが、給水機やミネラルウォーターを飲水されたほうが安心です。
Cleverlearn では、各フロアごと、また学校入り口前にも冷水・温水の出る給水機が設置されていますので、是非そちらをご利用ください。

7)電圧とプラグ
セブ島は110/220Vで、60Hz。Cleverlearn寮内のプラグタイプは日本と同じ二つ穴タイプのものです。
また、パソコンやカメラなどは、世界共通で作られているものが多く、私を含め多くの学生さんはそのままコンセントに差し込んで使用していました。
ただ、たまにある停電の際には、念のため全ての電化製品はコンセントから外されることを強くお勧めします。停電があけて電気が戻る際、また自家発電で電気を起こす際の初めの電圧はとても不安定で、コンセントから来た一瞬の強い電圧によって、充電していたパソコンやカメラが壊れてしまう場合もありますので、停電の際にはくれぐれもご注意ください。

8)日本への電話の掛け方と郵便
フィリピンから日本への電話の掛け方は、
例)03−1234−5678の場合
00−81−3−1234−5678
 00(国際電話識別番号)
 81(日本の国番号)
 3(市外局番の頭の0をとった番号)
 かけたい電話番号

また、学校や寮内からは日本までの国際電話は掛けられません。多くの学生さんたちは、出かけた際に公衆電話を使うか、また持ってきたノートパソコン等を使用し、スカイプなどを利用して日本まで電話を掛けているようです。

郵便
現地から日本の家族や友人へ、手紙やハガキを出したいという方、多いと思います。
日本までのハガキはP30、封書も20gまではP30で、所要1〜2週間程度です。
切手の購入と投函は大型ホテルでも受け付けてくれます。学校から一番近い郵便局は、とてもローカルな場所にありますので、お勧めしません。学校近くの有名ホテルでランチやコーヒーを楽しみながら、売店で絵葉書を買い、そのまま書いてホテルで投函してしまうのがお勧めです。

9)チップについて
空港やホテルのポーターには荷物1個につきP10〜20、伝票にサービス料が含まれていない場合は請求額の10%程度が基本。また、タクシー運転手には、近場であればお釣りのコインを受け取らない・20〜50ペソ程度をチップとして払うことが多いようです。
経験上の話ですが、セブシティーからCleverlearnまで戻る際、特にSMモールやアヤラモールから、Cleverlearnまで戻る際には、ドライバーからメータープラス50ペソと言われることがとても多いです。ドライバーさんにもよりますし、チップを払うか払わないかの判断はお任せしますが、乗客をマクタン島でおろした後、マクタン島からセブシティーまで戻るのに、ガソリン代がドライバーさん負担等の理由があるようです。日本にはチップの文化がありませんので判断はお任せしますが、現地に住んでいる日本人は支払っていることが多いようですので、ここに情報として記しておきます。

10)公共交通機関
セブ島内ではタクシーやカラフルなジプニーが主に使用されています。
タクシーは初乗り料金が40ペソ(約80円)からと、日本と比べてとてもリーズナブルです、多くの学生さんが学校から出かける際に利用しています。
またセブでの生活に慣れてくると、ジプニーと呼ばれる乗り合いバスで移動する学生さんも見かけます。ジプニーは初乗り運賃8ペソ(約16円)と、とても安いですし、日本には無いジプニーを是非体験して欲しい!と思う反面、学校スタッフ生活をしていた経験上言えることが、携帯電話や財布などの盗難被害場所で一番多かったのがジプニーでした。また、スマートフォンは海外旅行保険の補償の対象にならない場合も多く、個人的にジプニー利用はお勧めできません。また、ジプニーに限らず、盗難被害に合った際にも、警察で被害として認められないことが多く、警察もレポートを出してくれることがとても少ないです(海外旅行客が海外旅行保険での金銭保障を目的に、盗難に合ったと届け出る例が後を絶たないため)。どうしてもジプニーを使用したいと判断された際には、チャックのついたバックを使用する等、自己責任と自己判断のもとでお乗りください。

11)空港使用税・ビザと入国条件について
空港使用税
フィリピン出国の際に、マニラとセブ国際空港の空港使用税は550ペソ、国内線乗り継ぎではマニラセブの空港出発時に200ペソが徴収されますので、必ず空港税の分は残しておいてください。

ビザと入国条件について
フィリピン国内への21日間以内の滞在であればビザは不要であり、日本で申請しなければならない書類等もありません。ただし、入国時にパスポートの残存期間が滞在日数+6ヶ月と、第三国行きのチケットが必要ですので、復路分またはフィリピンから第三国へ出国の飛行機のチケットを印刷してお持ちください。また、15歳未満の一人での入国は認められておりません。